腰痛(肩こり)に効く正しい入浴方法2019年版

腰痛や肩こりは筋肉に疲労物質が溜まり炎症を起こすことで症状が発生しますが、軽い症状ならセルフケアすることで重症化が防げます。その一つとして入浴方法の工夫で、疲労物質や発痛物質を除去することが可能です。

まずは湯加減は38度から40度に設定し湯船にお湯を張ります。浴槽に首までお湯に浸かり足を伸ばしましょう。足が伸ばせない時は出来るだけ身体を深く沈める10分くらいリラックスして身体を温めます。次に湯船の中で座ったまま上半身を左右にゆっくりを捻ります。左右10回ずつ捻ったら、次は浴槽の縁に手を掛けて、ゆっくりと腰を持ち上げたり戻したりして前後方向へのストレッチを同じく10回します。これで疲労物質や発痛物質が流れて腰痛予防に効きます。

しかし自分でセルフケア出来る症状にも限界があるので、どうしても痛みが取れない場合は最寄りの整骨院に行って柔道整復師の方に診てもらうのが良いでしょう。腕に評判のある整骨院を紹介しているサイトもあるので、その中から自宅から近い通院しやすい整骨院を選ぶことが重要です。

参考サイト:堺市【腰痛・肩こり】治療で人気のおすすめ整骨院30選(https://labradochiropracticelkgrove.com/)

このように普段の日常では自分自身で腰痛(肩こり)をケアしつつ、自分では手に負えなくなったら専門家に相談する方法が身体にもお財布にも優しい最新の腰痛ケアの方法だと言えます。